耐久性が高い住協の家|安心のマイホーム選びに欠かせないこと

レディ

地震から自分の身を守る

部屋

優先的に準備するもの

地震大国日本では、いつくるかわからない地震に備えて、なにかしらの準備をしておく必要があります。その中でも、一番問題となってくるのが住む家です。せっかく苦労して建てた家が地震災害により倒壊してしまったら、とても悲しいと思います。それだけではなく、地震発生時に家にいたら命の保証もありません。実際に1995年に起きた地震災害の阪神淡路大震災では、ほとんどの方が建物の倒壊による窒息などで亡くなりました。その為に日本では、地震に強い家を建てることが災害予防としてやっておくべき問題で、国民全員が意識をしなくてはならない問題でもあります。地震に強い家というのは、耐震・免震強度が強い家を指します。耐震強度を強くさせる技術は古くから日本で研究・開発がされてきました。今では各住宅業者は耐震強度の強さをアピールし、家の売買に繋げているところもあります。実際、今後個人で家を建てる方や購入される方は条件として、耐震・免震強度の強さをあげたほうが良いかもしれません。不動産屋で相談するだけで、地震に強い家を建てる手伝いをしてくれます。今では地震に強い家を望む方の方が多いので、労せずに手に入れることができるでしょう。実際の強度を出す方法は、インターネットなどで調べてから不動産屋との打ち合わせに望む方が、希望通りの地震に強い家が出来上がるでしょう。今後日本全国どの場所に起きるやもしれない地震の為に、早急な準備をしておきましょう。